今日の伊藤さん

昔の日記を書き起こすつもりでしたが。普段の事を書きますなるべく。

組織と松果体

皆さんこんにちは

伊藤です。

 

昨日ひょんな事からタピオカミルクティーを飲む機会がありいただきました。

 

自分は自分でおかしいと分かっているのですが、世のジュース、特に炭酸ジュースが甘過ぎて飲むのがキツく、なんかの機会で家で炭酸ジュースを飲む際は水や炭酸水で薄めて飲んだりしてる次第です。

外だとそのままグビグビ飲む。

 

チョコやクッキー等“洋”の甘い物は好き、

アンコや饅頭等“和”の甘い物は苦手、

甘い固形物は好んで食べるけど、

甘い飲み物は結構心底「いりません」と素直に言える気持ち。

そんな私です。

 

そんな私が初めてタピオカミルクティーをいただきました、

 

 

甘いと想像しておりましたが、その想像を軽く超えてくる甘さ。

あまりの甘さの衝撃に耳ともでシャアが「坊やだからさ」と言ってる謎のシチュエーションの幻聴が聞こえそうな程の衝撃。

 

ナニコレクソ甘い…

 

独特の太いストロー1本分飲めたかどうかで諦める。

 

貰い物のタピオカミルクティー

俺以外のオッサン達が「甘いね」と笑いながら飲んでいる。

しかしそれも続かず数分後には誰も手を付けなくなっていた。

更に数分後、放置されたタピオカミルクティーをもうひと口貰おうと飲んでみる、

いや、やっぱ果てしなく甘いなオイ!

なんだよコレ?

マジこんなに甘い物を皆ガブガブ飲んでんの?

 

流行りものだって叩くつもりはない、

基本的に流行の事なんて

俺には関係ないので右から左へスルーする

だからタピオカにも単純に

俺には関係ない事だからと気にすらしていなかった。

 

何より俺は元より甘い飲物が好きではない、

会うはずのない2人だ。

そりゃ、甘すぎるって言うよね。

 

激辛ブームだからって辛いもの苦手な人に辛いものすすめないもんね。

 

そりゃそうだよ、

でも本当ビックリした。

予想を軽く超えてくる甘さ。

Twitterで軽く「本場のタピオカミルクティー値段安くて量多くて、調子に乗って飲んだら満腹で無の境地みたいなった」的なつぶやきがバズってたけど、

これ単純に甘さで血糖値ギュンギュン症状になってるだけじゃね?

大食いの人達も「甘い物はキツい」と言っていた気がする、血糖値が急激に上がり過ぎてなんか色々症状が出て、最終的に眠ってしまう事があるらしい。

 

とにかくめちゃくちゃ甘かった。

オッサンには危機感あるぐらい甘かった。

甘い物苦手な人は当たり前に手を出さない方がよろしいよね。

 

若いからってコレ飲み続けるのって酒飲み続けるぐらい身体に悪そうな気がした。

「誰が何言っても私はタピオカ飲み続けます」と言っている人は何をそこまでムキになって飲み続けているのか?

酒を飲み続けて体を壊す人、

タバコ吸い続けて体を壊す人、

同じ系統なのでは? 

行き着く先を極端に言うと何だろう、糖尿なのかな?

カジュアルに糖尿になりそう。

 

身体が震えながら、時には飲んで吐きを繰り返しながらも酒を求め続けるオッサン、 

咳をしながら布団を這いつくばり尚タバコを求め続けるオッサン、

車椅子に乗りながら片手にインシュリン、片手にタピオカミルクティーInstagramに写真を上げる若者。 

そういう日が来るのだろうか。

 

若いうちは色々無茶しとけ。

と言う心持ちの私でも

意地になってタピオカドリンクを飲み続ける

この無茶はやめとけ。

と言いたい。

 

80年、90年代の若者がシンナーや酒タバコ片手に

「長生きなんかしたくねーんだよ」と言っていたのが、

まさか21世紀、2018年

タピオカミルクティー片手にそんな台詞を…

誰も言ってないか。 

言ってほしいな。

誰か言ってくんねぇか。

 

まぁいいや、

私の叫びが特に誰かに届く事はないかもしれませんが、

 

今日も一日がんばりましょう。