今日の伊藤さん

昔の日記を書き起こすつもりでしたが。普段の事を書きますなるべく。

岡谷みどり湖

みなさんこまんたれ

伊藤です

 

雨が降ってますね。

東京はほんのりと雨が降ってます。

 

まぁなんというかなんとか無事に文章を書く仕事を終えたのですが。

休みの日しか文章を書く仕事をする暇がなく。

昨日は休みだったから文章を書く仕事が出来たとか言ってますが。

 

それって休みなん?

という根本的な疑問が浮かんできます。

自分が頭の切り替えがパッと出来る人間で仕事から帰って来たらちょちょいと文章書ける脳ならこんな事にはならないんでしょうが。

どうも「書く脳」への切り替えが中々出来ない。

再三言ってますがこのブログは暇潰しだから良いんですよ。

文字制限も内容もない。

自由。

ただただ自由に文字を書く。

でもやっぱお仕事だとそうはいかない。

書くべき事がある。

書かなきゃいけない事がある。

 

なんというか、

なんというか、

自由に書くって楽だね。

なんも制限ないの楽だね。

 

多分書くの好きなんですよね自分。

気楽に書くの。

だからこそ毎日こんな意味のない事を書き続けて、若い頃は長い事日記書いたり、昔はメールで友達にブログ送ってたりしてたしね。

 

今ふと思ったけど、書くのが好きってってか、何かを残したいのかもしれないですね。

こんな奴が生きてますってのを。

ここで生きてますってのを。

そういうのを残したいのかもしれません。

そういう願望かもしれませんね、毎日何かを書くって。

 

でも適当なブログ書いたり、時々文章を書く仕事をしたりしてますが。

 

物語を書いたことはないんですよ。

確かにそういうのを考えるのは好きなんですが。

書いたことはない。

結構色んな人に

「あんた色んな経験してて面白いんだから、本書きなよ」とよく言われるのですが。

書いた事ないですね。

書いた方が良いのかな?

 

なんというか自分の周りには怪談作家さんがいて、その人の話を読んだ時は凄えなと思いました。

自分の周りの映画監督さんの作品を見た時は凄えなと思いました。

 

凄えなと思うが、結局他人のやってる事なのでなんというかそれに触発されるって事があんまりないんですよね。

人は人だし、私は私だし。

 

なんというか、コレももしかしたら

“仕事として”何かを作って下さいとか、何かを書いて下さい。って依頼が来たら頑張るのかも。

何か作り出すかも。

何かを書くかもですね。

 

自分の周りの人に何か触発されるとか。

あるんだろうけど今は思い出せないですね。

その逆で私が誰かに影響を与える事なんてあるのだろうか?

分かんないや。

 

触発やなんかは分からないけど、自分がファンの普通の人って周りにいないですかね?

なんというか、芸能人とか著名人じゃないけど“私はこの人好きだな”って人。

別に異性とかそう言うんじゃなくて、

ファンとして好きな人。

 

自分は子供の頃の同級生で絵を描いて子のファンです。

今は何をしているのか分かりません。

わかる手段がありません。

でもずっと好きでした。

その子の感性というかなんか、好きでした。

10数年前に東京のギャラリーに作品を出しているという情報だけは発見しました。

でもそれ以上は分かりません。

ちなみに昨日の夢にこの子が出て来ました。嬉しかったです。

 

後は知り合いの変な事考えてる子が好きです。

これは現在進行形で、なんというかなまじっか知り合いだけに名前も出せます。

本名じゃないし本人Twitterで変な事呟いてるだけなので。

「阿丁町晴」

という子です。

人です。

その昔は「小泉六九六」という名前でTwitterしてました。

思った事をダラダラと呟いているだけとの事ですが、中々気持ち悪くて好きです。

好きってかファンです。

たまに変なお話とかも書いててかそれもまた好きです。

自分がもし出版社とかにコネやら知り合いやらなにかしらあれば是非何か書いて出版して欲しいです。

多分だけど阿丁君の小泉君時代も含めて今までの全部の呟きを本にしても自分は買うと思います。

 

これちなみに私のLive配信でもTwitterでもちょくちょく言ってるんですが、ほとんどと言ってよい程誰からも反応ないですね。

ちなみに阿丁君の呟きは全部“嘘”という事なので私は安心して読んでいます。

正直読んでて不安になる事は多々ありますが、本人は良い子で呟きは全部“嘘”という事なので皆さんも読む祭は安心して読んでいただけると思います。

私のブログよりヘビーな内容だとは思いますが、暇潰しに是非どうぞ。

 

そんなこんなで本日は雨の東京。

私は少し早めの出勤でございます。

それでは皆さんよい1日を。