読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の伊藤さん

昔の日記を書き起こすつもりでしたが。普段の事を書きますなるべく。

雨take2

皆さんこんにちは

雨です。

雨降ってますね東京。

桜も散りますよ。

 

f:id:itouniisku:20170411103843j:image

なんて事で写真を初めて挿入。

多分ちゃんと挿入出来てるはずだ。

f:id:itouniisku:20170411104006j:image

またまた写真を挿入。

確認はしてないけどイケてるはずだ。

 

写真を撮って軽く今の気持ち伝えるなら

Twitterで充分なんですよね。

でもこれはちょっと違う。

ブログだ。日記だ。

日々思う事を日々感じる事を書くのだ。

Twitterとはちょっと違う

Facebookともちょっと違う

写真を入れてるけど

Instagramともちょっと違う

何かもっと素直なというか赤裸々というか、ちょっと踏み込んだ心の中の柔らかい部分をチラッと出す様な。

それが私のブログの様な気がする。

そんなに意図はしてないのだけど、多分そんな感じになって行くだろう。

昔からそうだ文字には素直だ。

多分何も考えずに思い浮かんだ言葉を吐き出すだけなので自然とそうなのかもしれない。

あと、根本的に

 

どうせ誰も見てないだろう。

 

という気持ちはある。

だからこそ尚更結構素直に書ける。

その代わりと言っちゃなんだけど中身は無いよね。

 

唯々だらだら思い浮かんだ言葉を吐き出して書き留めるだけなので、根本的に内容のあるブログではなくなるよね。

ここまで読んでも多分ほぼほぼ空っぽのブログだろう。

 

ほぼほぼ空っぽの内容なのに長い。

これは読む側からすれば苦痛以外の何者でもないと思うが、商業の文章ではないし、俺のブログを読んで感想文提出してもらうわけでもない。読んで下さるかたは飛ばし飛ばしでも問題はないと思う。 

 

しっかり読んでくれたらそれは嬉しい、根本的に“誰も読んでないだろう”なんて言いながら、頭の片隅では“誰かに読んで欲しい”とも思ってる自分もいる。

 

しかしここで困った事が起こる。

誰も読んでいないだろう、なんて言いながら、どっかで読んで欲しいとも思うのだが、“反応は欲しくない”のだ。

 

昔からそうだ、自分のした事に対してリアクションをされると素直に恥ずかしいのだ、照れるのだ。

 

 もうこれ面倒臭い奴の極みですよね。

自分の性格が天邪鬼なのなのは分かってますが、天邪鬼ってか構ってちゃんってか単純に超面倒臭い奴ですよね。

 

雨の日、湿度の高い電車の中、一旦ブログを投稿したら実は書いてた部分が保存されてなくて消えてた問題。

 

今日も気持ち良くブログを書こうと思ったのですが自分が面倒臭い奴という事がハッキリ分かり、挙句ブログの書き直し。

 

書き直しと言うか、本当に自分の頭に思い浮かんだ事を素直に吐き出してるだけなのでさっきはどんな文章書いてたか忘れましたよ。

 

今日は早めにブログが書けたのでホクホクしながら投稿したら「あれ?短くね?」と思って画面下にスクロールした時に途中で終わってて愕然としました。おかげてそろそろ私の降りる駅が近付いてきました。

 

ブログも3日目、案外続くもんですね、書くの好きなんでしょうね根本的に。

昔ノートに日記書いてた時は事細かにビッチリ書き過ぎてペンダコ出来てましたよ。

まあそんな事はさて置き

 

誰も読んでないんだろうと思いながらも誰かに読んで欲しいと思いつつ、でも読んだ事にリアクションされると照れるからリアクションして欲しくないとても面倒臭い奴のブログ。

 

これからもどうぞ宜しく。